様々な種類のトラック

中古トラックを購入する時に信頼できる業者を見分けるポイント

ヘッドライト

ひと口にトラックといっても積載量によって小型、中型、大型と分かれます。またもっとも一般的な平ボディにバン、ダンプとその形状や用途によっても違いがあり、こうした業務で使うトラックは価格が非常に高額です。従って法人、個人いずれにしても中古トラックを検討される方も多いかと思います。
ただ中古トラックは同車種、同価格でも性能にはかなりの差があり、業者によっても当たり外れが大きいです。ですから中古トラックは中古車販売の専門業者から購入することになるかと思いますが、その業者選びは非常に重要になってくると言えるでしょう。
そして信頼できる業者を選ぶには、実際に購入した人の声を聞くのが一番です。幸い、今はインターネットという便利なツールがあり、大抵の業者の口コミが紹介してあるので、そちらを参考に信頼できる業者を見極めましょう。また比較サイトなども多数ありますので、まずは購入したい中古トラックの車種を調べ、年式や走行距離と販売価格が見合っているかじっくり検討することをお勧めします。
一応の指針としましては取り扱う車種や台数が多い、営業年数が長い、電話対応が丁寧といった点が優良業者を見極めるポイントとなりますので、注目してみてくださいね。

中古トラックは保証の充実した販売業者から購入しよう

中古トラックを購入する時は、販売業者に足を運んで直にトラックの外観や内装を確認することが重要なのは言うまでもありませんよね。もちろんネットでも欲しい中古トラックを見つけることはできますし、その価格相場や年式、走行距離などの詳細な情報は知るのは可能です。しかしたとえ中古でも高い買い物であることには変わりませんから、リスクを避けるためにも業者と直接交渉する方が安心できます。またトラックは業務で酷使されることも多く、購入後、間を置かず不具合が発生する可能性もゼロではありません。いくら販売業者が整備点検を行っていても、こればかりは購入してみないと分からないのが正直なところです。ただだからこそ、購入後のアフターケアや保証の有無は非常に重要です。
そんなわけで中古トラックの販売業者は、保証期間付きでアフターケアの充実したところを選ぶようにしてください。自社工場を完備した業者なら、もしもの時の対応が早く、購入時、そして購入後の相談にも応じてくれるかと思います。
もちろん保証が充実しているとはいえ、購入時に車両の状態や性能を確認しておくことは必須です。この時、事故歴の有無なども確認を取っておくとより安心です。

中古トラックの購入時に確認すべき点

中古トラックの購入時に見るべきポイントはいくつかありますよね。まず皆さんが一番最初に確認するのは年式と走行距離ではないでしょうか。さらにボディ、内装と順に確認していくことになるかと思います。ただ中古である限り多少の傷やへこみは仕方がありません。
それよりもまず確認すべきは、アクセルやブレーキ、エンジン、ギア、タイヤといった箇所です。試乗をしてみてペダルの踏み込み具合や効き具合、エンジン音、排気音、タイヤの摩耗などを十分に点検しておきましょう。加えてエアコンやランプ、実装されているならカーナビなどの電気系統も動作確認をしてください。
ただこれだけの確認を行っても、まだ十分とは言えません。次に購入したい中古トラックの事故歴や修復歴なども業者に尋ねておきましょう。またそのトラックが過去にどのような使われ方をしていたかも、可能なら聞いておいてください。海沿いや積雪量の多い地域を走っていたトラックは塩害を受けて、外から見えない部分にサビや腐食があるかもしれません。これらは必ずしも教えてもらえるとは限りませんが、聞いておいて損はありませんし、正直に教えてくれる業者なら信頼できそうですよね。というわけで以上のような点に注意して、信頼できる中古車販売業者から中古トラックを購入しましょう。

What's New